Sugiyama 椙山女学園

椙山女学園大学 生活科学部 管理栄養学科

  • 学科TOPへ
  • 新着情報一覧
  • 学部サイトへ
  • 学科紹介
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • キャンパスライフ
  • 資格・進路
  • 大学院
  • 入試情報
HOME > 学科紹介 > 学科概要

学科概要

食と健康のエキスパートを養成

管理栄養学科では、「管理栄養士」の資質をベースに「食と健康」に関する専門知識を活かして、「保健・医療・福祉」、「食育」、「食品関連分野」などの専門領域において活躍する人材を育成しています。

「管理栄養士」は、食を通じて、健常者や病人、乳幼児から高齢者までのあらゆる人々の健康増進を推進することを目指す職業です。栄養指導の基盤となる知識には、人体の構造や疾病から食品の機能・安全性・調理にわたり、非常に幅広く高度な専門性が求められます。

そのため、本学科では高度な教育・研究設備に加えて、管理栄養士、医師、薬剤師などの資格を有する優れた指導陣を揃え、幅広い指導を実施しています。充実した講義に加えて、豊富な実験・実習に取り組むことで、即戦力となる管理栄養士の育成を支援します。この他4年次全員が少人数のゼミに分かれて卒業研究に取り組み、問題解決能力の養成に努めることや、試験直前まで実施される実践的な国家試験対策プログラムは本学科の大きな特徴です。

こうした質の高い授業は高い国家試験合格率へとつながり、本学科では中部地区最多の栄養士および管理栄養士を輩出しています。

高度な知識とスキルが身につく多彩なカリキュラム

高度な知識とスキルが身につく
多彩なカリキュラム

全員が卒業研究と国家試験対策を両立させる

全員が卒業研究と
国家試験対策を両立させる

 

管理栄養士に必要なのは、相手の目を見て会話ができる
コミュニケーション能力です。

病気と栄養の関係を学び、人の栄養をサポートする。

「鉄分不足だと貧血になる」「糖尿病の人は甘いものを控えて」といった話、皆さんもよく聞くと思います。授業では、こうした病気と栄養の関係のほか、疾患・患者さんごとに適した栄養療法を学びます。また、日本では健康な高齢者でも約2割が栄養失調やその予備軍と言われ、高齢者の栄養ケアの問題についても考えていきます。栄養の意味が重要性を増し、人の栄養をいかにサポートするかが問われる時代。だからこそ、栄養ケアを必要とする人がいる場所へ、管理栄養士の活躍の場も広がっているのです。

患者さんと心を通わせ、医療チームの一員として活躍を。

私が管理栄養士にとって一番大事だと思うのは、人ときちんと話ができるコミュニケーション能力です。もちろん、調理や栄養の専門知識は必要ですが、病院で患者さんと対話し、医師や看護師など多職種からなる栄養サポートチームの一員として活躍するためには、コミュニケーション能力が欠かせません。管理栄養士を目指す皆さんは、ぜひ普段から家族や友だちとたくさん会話をし、深みのある人間になってください。そして、将来、他の職種や患者さんから信頼される存在になってほしいと願っています。

 

加藤 昌彦 教授
生活科学部 管理栄養学科

加藤 昌彦 教授

 
ページTOPへ